ユネスコ無形文化遺産 京都祇園祭綾傘鉾保存会

祭事スケジュール

綾傘鉾の祭事とお稚児さんの行事

祇園祭は七月一日から三十一日の一ヵ月の間続く、長いお祭りです。
この間に綾傘鉾が直接的に関わる祭事は十七日の前祭山鉾巡行で一応の区切りとなります。

七月一日

吉符入り

吉符入り

祇園祭のはじまり、吉符入。祭りの無事を祈願するもので、鉾町によって形態や所作はさまざまです。氏神などの無い鉾町では「牛頭天王」(ごずてんのう)の掛軸を世話役さんのお宅の床間に吊るし、その前で祈願をおこなっておられます。

綾傘鉾では、町内の氏神である大原神社を会所として祭りの中心とするため、八坂神社から神主・宮司さんをお迎えして祈願していただいています。

七月二日

籤取式(くじとりしき)

籤取式(くじとりしき)

祇園祭の開始を告げる“吉符入り”を終えると、翌日には鉾の進行の順番を決める“くじ取式”が京都市役所でおこなわれます。各鉾町から2名ずつ出席し、市役所市会議場において奉行役となる京都市長や八坂神社宮司・清々講社の方々の前で厳正におこなわれます。

*この市役所市会議場での籤取は、ニュースなどで報道されていることから有名ですが、それよりも前に市役所内の会議室で、くじを引く順番を決めるくじ取(予備くじ)がおこなわれます。この予備くじと本くじ(市会議場でのくじ取)でまったく順番が変わってしまうことが多々あります。 (くじ取式というものがいまだに厳正に(しかも二重にくじ取が)おこなわれているということは、応仁・文明の乱以前の巡行時の先陣争いが実に激しかったことがうかがえます)

この籤取に関して、長刀鉾を筆頭とする「籤取らず」とされる山鉾が数基あることは有名です。この「籤取らず」を除く24基が【鉾】【前山】【傘鉾】【後山】にわかれて、それぞれの順番を決めることになります。綾傘鉾は四条傘鉾と「傘鉾一番」(巡行中7番手)と「傘鉾二番」(巡行中15番手)を決めます。

七月七日

稚児社参の儀

稚児社参の儀

綾傘鉾では、毎年7月7日の七夕を良日(節句になるので一理あるのかも・・・)として社参をおこなっています。また、この日初めてお稚児さんが一般にお披露目されます。

※お稚児さんの公式行事に関してくわしくは⇒こちら

七月十三日

会所飾り(かいしょかざり)

会所飾り(かいしょかざり)

いくつかの鉾町(なかでも四条通に面した巨大な山鉾をもつ町)では、10日から鉾建てが始まっています。四条通をはじめ、道路事情によって綾小路通の通行止めが13日までできないため、この日まで綾傘鉾の鉾建てができません。この日、大原神社境内の飾りつけ、会所飾りをおこないます。詳しくは綾傘鉾の歴史と現在内の【会所飾りと粽】をご覧ください。

鉾建て(ほこたて)

鉾建て(ほこたて)

早朝から集合し、明日からの宵山の賑わいに間に合うように鉾を組み立てていきます。大きな傘に立派な垂がり、胴掛けと懸想品を次から次へと飾り付けていきますので、鉾の構造や華装品の形状などを間近に見れます。特に、鉾の大傘や傘垂がりが吊るされる時には、これらも通常よりもより低い位置で見ることができます。また、文字や絵柄がピシッときれいに並ぶ駒形提燈も綾傘鉾ならでは。その彩りは夏の夜空、宵山にひときわ映えます。

七月十四~十六日

(よいやま)

(よいやま)

宵山の3日間、町内会、ボランティアなどの力を借りて粽売りや後援会の方々の接待がおこなわれます。また、日が落ちるまで、後援会の接待場所前ではいくつもの行事やイベントがおこなわれます。

*最近では、宵山は16日のことで、15日は宵々山、14日は宵々々山という方もおられます。

七月十六日

日和神楽(ひよりかぐら)

日和神楽(御旅所~宮川町~松原通)

宵山の最終日、16日夜、21時過ぎから、翌日の山鉾巡行の無事を祈り、祇園社御旅所(四条寺町)まで巡行し、棒振り囃子を奉納します。その後、宮川町歌舞練場まで行き、棒振り囃子を披露して、松原通を巡行して町内に戻ります。(この巡行路は平成26年から)

七月十七日

前祭山鉾巡行(さきまつりやまほこじゅんこう)

前祭山鉾巡行(さきまつりやまほこじゅんこう)

午前9時、祇園祭前祭のクライマックス、山鉾巡行がおこなわます。四条烏丸に集合した各山鉾は、長刀鉾の稚児による“注連縄切り”を合図に巡行を開始します。四条麩屋町には結界となる注連縄が張られています。長刀鉾の稚児はこの注連縄を独特の作法で断ち切ります。また、“くじ改め”の場所では、くじを確認する奉行役の京都市長、京都府知事などが居並んで見守っています。

お稚児さん先導にハレの舞台

綾傘鉾の先頭を飾る6名のお稚児さん。白化粧、烏帽子(えぼし)、狩衣(かりぎぬ)姿のお稚児さんにとっては、四条通~河原町通~御池通~新町通とかなりの長旅になります。ハレの舞台だけに、みんな終始堂々とした巡行を心掛けてがんばって歩きます。

*巡行を御覧になる際、四条通や河原町通のアーケードの上を見ると何人も人がいることがわかると思います。彼らは、祭り前に収納した信号を巡行最後の南観音山が通過すと同時に元に戻し、普段の幹線道路に復原します。つまり、最後まで見ていると鉾の後に自動車がついてくる様子を見ることができるのです。

その後の祇園祭の主な祭事

七月十日 お迎提灯・神輿洗式(おむかえちょうちん・みこしあらいしき)
七月十七日 神幸祭・神輿渡御(しんこうさい・みこしとぎょ)
七月十八日 後祭鉾山建て(あとまつりほこやまたて)
七月二十四日 後祭山鉾巡行・花傘巡行(あとまつりやまほこじゅんこう・はながさじゅんこう)
還幸祭(かんこうさい)
七月二十九日 神事済奉告祭(しんじずみほうこくさい)
七月三十一日 疫神社夏越祭(えきじんじゃなごしさい)